2017年初夏の死なない杯結果発表

たくさんのご応募ありがとうございました!

1ヶ月間に渡って開催していた、あなたの死なないを教えてもらうコンペ企画「死なない杯」の応募期間が終了しました。

記事部門は約40記事、ツイート部門は約100ツイートと、当初の予想を大きく上回るたくさんの応募をいただきました。

記事を書いている自分たちだけじゃなくて、周囲の色んな人がそれぞれの暮らしの中で実践している死なないための工夫とか、なんとなく生きづらい世界を楽しく生き延びるための色々なやり方を、もっとたくさんの人に共有できたら良いなあと思ってはじめたこの企画ですが、いただいた投稿はどれも素敵なものばかりで、本当に企画してよかったな〜としみじみ思っているところです。

たくさんのご応募ありがとうございました!

その中から、冷凍都市生活協同組合が独断と偏見で選んだものを紹介します。

記事部門

やってみよう賞

◎ 劇場女優・街子《こじんまりしたパーティーのやり方》

審査員コメント
大きいパーティーとか苦手だな〜という気持ちと、めでたいことは祝いたい!という気持ちを、両方大切にしたまま楽しむためのパーティーのやり方。
誰も祝ってくれないことを悲しむより、自分で自分にできるパーティーを開いてしまおう!という姿勢は、生きづらい世界を楽しく生き抜くためにとっても役立つものだと思います。
ミラーボールがあるといつでもどこでもパーティー気分を味わえて良いな〜、自分も欲しくなってきました。一家にひとつミラーボール。

やってみたい賞

◎ rain《アカシアの天ぷら》

審査員コメント
ニセアカシアの花をてんぷらにして食べる記事。
スーパーなんかでもたまに食用の花をみかけるけど、わざわざ買わないな〜と思っていつも通り過ぎていたので、秋田のほうでは日常的にアカシアが食べられているというのはかなり驚きました。
「アカシアの花を食べる」と聞いてもあんまり想像できないし現実味を覚えられないけれど、文中の味や香りの表現がとても丁寧で、想像を掻き立てられました。アカシアの天ぷら、食べてみたいな〜

初夏賞

◎ sukeroc《はだし散歩入門》

審査員コメント
いつも何も考えずに、家を出るときは靴を履くものだと思っていたけど、靴を履くことで感じられなくなっているもの、はだしになってみないとわからないことってたくさんあるな〜と思わせてくれる記事。はだしで歩くというただそれだけのことだけど、毎日歩いている道路が、公園が、いつもと全然違ってみえてくるかもしれない。
暑すぎも寒すぎもしない、ちょっと空気の湿っぽい初夏の夜に、こっそりはだしで散歩したくなります。

やってみよう賞、やってみたい賞、初夏賞に入選された方々には、サボテンの水栽培の記事でおなじみの雑貨バイヤーのパルハラさんご提供の豪華賞品を贈呈します!

かなり良いな〜賞

かなり良いな〜賞の方には、賞品として冷凍都市生活協同組合謹製スパイスミックス+スパイス瓶を贈呈します!

良いな〜賞

良いな〜賞の方には、賞品として冷凍都市でも死なない缶バッチと冷凍都市でも死なないシールを贈呈します。

ツイッター部門

春を待ちながら賞

審査員コメント
永遠に変わらない形はないけれど、来年の春先にまた街がほわほわでいっぱいになるまで、好きな時にほわほわを眺められたなら、毎日がちょっとだけ嬉しくなるだろうな〜。 写真も素敵なツイートです。

立ち飲み賞

審査員コメント
隣のコンロであげた天ぷらを「あっつい!」っていいながらハフハフ食べて、冷蔵庫から取り出した、ロング缶なんかをプシュッと開けて…。明るい時間から始めるのもきっと最高ですね!レッツ立ち飲み!

待てないね、夏賞

審査員コメント
果実酒って時間がかかるし、それもまた良しと思っていたけど、やっぱすぐに飲みたいってことありますね。
ちょっと手の込んだものをつくって誰かをお家に呼ぶ口実にしたりするのって、とても大切な「死なない」だなと思います。待てないね、夏。

春を待ちながら賞、立ち飲み賞、待てないね、夏賞に入選された方々には、サボテンの水栽培の記事でおなじみの雑貨バイヤーのパルハラさんご提供の豪華賞品を贈呈します!

死なないツイート賞

死なないツイート賞の方には、賞品として冷凍都市でも死なない缶バッチと冷凍都市でも死なないシールを贈呈します。

2017年初夏の死なない杯、たくさんのご応募ありがとうございました。
まだまだ未定ですが、こらからも第2回、第3回の死なない杯を開催すると思います。
今回応募しそびれた方も、終わってから存在に気がついた人も、次回もまた、みなさんの死なないに出会えることを楽しみにしています!

この記事を書いた人

冷凍都市生活協同組合

冷凍都市でも死なないをつくっている人