コルクと蝋を使った瓶詰めのやり方

開けるのが楽しみな瓶

いつでも閉められるスクリューキャップも便利だけど、コルクで栓をしてある瓶は、何度でも開けたり閉めたりできる瓶よりも開けたときの開けた!感が大きいような気がする。

一度開けてしまったらしっかり栓をできない分、開けたその場で全部飲みきってしまう、その場限りの楽しみという感じがして楽しい。

そのコルク栓を自分でできたら、お祝いごとに美味しいワインを開けるみたいな楽しみを、自分の作った飲み物とかシロップとか、そういうもので味わえるんじゃないかと思ったのと、あと見た目が可愛いのでやってみることにした。

ただコルクで栓をするだけでもある程度の期間は保存できるのかもしれないけど、もっとしっかり長いこと保存できるように、コルク栓に蝋をかけることにした。高級なワインの瓶とか、ウイスキーのメイカーズマークの瓶とかでたまに見るアレみたいな感じ。

コルクって乾燥するとひび割れてそこから空気が入ったりしてしまうらしいんだけど、蝋を被せておけば安心。

今回は、ジンジャーシロップを作って瓶に詰めた。

いるもの

やり方

この記事を書いた人

野口

冷凍都市に暮らすピクニックピーポー